水分を取ることはとても大事!病気を予防しよう

 水分 補給

水分 を取ることはとても大事!病気を予防しよう

健康を維持するためには、食事に気をつけることが大切です。しかしそれは、とても大変なことです。

太りすぎている場合は、ダイエット食品などを買うこともありますが、それでは費用もかかってしまうので、もっと簡単にダイエットと健康を目指したいですね。

そんな時、手軽にできる方法として水分摂取があります。水分を摂ることで、いろいろな病気を予防することができるのです。ここでは、水分を摂ることで、どんなメリットがあるのかご紹介していきます。

 

・脳梗塞や心筋梗塞を予防する

脳梗塞や心筋梗塞など起こしてしまうと、命に関わることなので絶対防ぎたいものです。対策のひとつとして、水分摂取をすることでそれらの怖い病気を防ぐことができます。それは、なんといっても血流をよくすることができるからです。

 

それらは、血液がドロドロになることにより起こる病気なのです。そのドロドロの血液をサラサラにするためには食事よりも水分をしっかりと摂ることが大事です。水分をしっかりと取ることと、食事を気をつけるようにするといいですね。

・食欲を抑制させることができる

太りすぎている人は、どうしても食べたいという気持ちを抑えることが難しいです。

しかしそのことを止めないと、痩せることができません。食べたいと思った時に水分摂取をすると、食欲を抑えることができます。

いきなり食べるよりも、食べる前に水を飲みましょう。すると、水により少しは満腹感を感じることができます。

・便秘を改善させる

便秘は、体の代謝が悪くなるのでできるだけ予防することが大切です。しかしどんなことをしても、便秘気味ということがあります。

その時は、水分摂取を多めにしましょう。水分を摂ることにより、大腸を刺激することができるのでその結果、便秘を改善させることができます。

 

・温めたお湯がベスト

水分摂取をする時に、多く飲むと体が冷えてしまいます。体はできるだけ冷やさないことが大切なのでそれでは困ってしまいますね。そのことから、水分摂取をする時には温めたお湯を飲むことをおすすめします。それにより体が冷えることを予防できますね。

・糖分が含まれていないものにする

水分を取ることが大切といっても、糖分が含まれているジュースなどは止めておきましょう。なぜならカロリーが高くなるからです。たびたびジュースを飲むことでより多くカロリーを摂ることになってしまいます。

それでは結局太ってしまいます。白湯や、カロリーゼロのものを選択しましょう。

水分は人体に不可欠です

災害の時、生存して救助できる命の限界を72時間といいますがこれは「水」を補給できない時間です。
空気が遮断されたときは時間の単位が何時間ではなく何かをを争います。平素は空気を意識しなくても呼吸ができるので意識は「水」だけになりますが「空気」と「水」は人の生命維持の上で絶対に欠かせないものです。
人の体の70%以上は「水」です。また酸素は栄養とともに体のすみずみまで送られて生命を維持しています。